不妊治療で用いられるホルモン剤とはどんなもの?

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類があるとされており、女性の月経のリズムを整えたり、身体の調子を整える作用があります。妊娠してからは「黄体ホルモンとも呼ばれる「プロゲステロン」が良く分泌されて妊娠状態を維持するよう身体が努めています。そのため、妊娠しやすい体をつくるための不妊治療にも女性ホルモン剤は多く活躍しているのです。

月経不順などの治療に使われるホルモン剤

月経不順の改善に使われるホルモン剤にはいわゆる「ピル」というものがあります。これにはエストロゲンやプロゲステロンが配合されており、これを服用することで身体を「妊娠した」と勘違いさせて体内でのホルモン分泌をストップさせる効果があります。

不妊治療に使われるホルモン剤

現代では高齢出産が増えていることもあり妊活を行っている夫婦も増えてきています。年齢が上がるにつれて女性の場合はホルモンバランスが乱れてしまうことがありその結果、妊娠しにくくなってしまうことも。その状態改善の為にホルモン剤を使用することは多いのです。不妊治療では、排卵機能に障害があるようであれば排卵誘発剤を使います。クロミッド、フェミロンなどが一般的でこれもホルモンの一種です。着床に障害があるようであればデュファストン、ルトラールなどのプロゲステロンを含むホルモン剤を使って、着床しやすい体をつくります。

ホルモン剤は医師の判断で使おう

保津門剤は体内のホルモンバランスを薬で変化させてしまうので、効果が高い反面副作用が強く現れる可能性があります。自分の判断で使用することは危険なので、必ず医師の判断で用法容量を守って使用することをおすすめします。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »