ホルモン剤が活躍する場面とは

私たちの体の中で毎日活躍してくれているホルモン。これがきちんと働かないと私たちは生きていけません。身体の不調を感じた際にホルモン剤によって状態を改善することも多いのですが、ではホルモン剤が活躍する場面にはどのようなものがあるのでしょうか。

更年期障害の治療

中年女性に多い更年期障害の治療にホルモン剤は使われています。女性ホルモンの成分であるエストロゲンやプロゲステロンは加齢と共にその分泌量が減少します。今までと違うその体の変化についていけずに様々な不調が現れるのが更年期障害と言われています。徐々に体を慣らしていく必要があるのですが、ゆるやかにホルモンを減少させていく必要があります。そのために足りないホルモンを補充する役目としてホルモン剤が使用されています。

不妊治療・月経不順の治療

月経のリズムを整えているのは女性ホルモンです。月経不順を感じている人はピルなどを処方されたことがあるかと思いますが、これもホルモン剤の一種です。妊活中には排卵誘発剤、着床を安定させるためのホルモン剤が処方されます。妊娠状態を維持するためには黄体ホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」が重要ですので、プロゲステロンが含まれているホルモン剤を中心に処方されます。

薄毛の治療

薄毛の治療にもホルモン剤を使用する場合があります。髪をふさふさにするホルモンは女性ホルモンで、逆に薄毛を進めてしまうのは男性ホルモンです。女性ホルモンを補充することで薄毛を治療するという方法が注目されています。現在では内服薬や貼り薬などで補充する方法が一般的です。しかし、注意が必要なのは薄毛治療が目的でホルモン剤を使用する場合は保険が適用されないということでしょうか。

関連する記事