女性ホルモンの成分には何があるの?

女性ホルモンという言葉は更年期にお悩みの女性であればまず聞いたことがあると思います。他にも女性が女性らしい美しさを維持していくためにも必要不可欠であるこの女性ホルモンは非常に大切なホルモンなのです。

女性ホルモンはどこで作られる?

女性ホルモンは、身体のどこで作られているのでしょうか。女性ホルモンは卵巣で作られています。月経周期によってその分泌量は変化していくので決まった量がいつも分泌されているわけではありませんし、その成分の配分も違います。それによって多くの女性は体の不調や好調を感じているはずです。

女性ホルモンの成分と役割

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があると言われています。エストロゲンは卵胞ホルモンとも言われるよく聞くホルモンですが、女性が女性らしい丸みを帯びた体をつくったり、肌や髪を美しく整えたり、自律神経を安定させたりと美容一般に関わる成分と言われています。女性の更年期の症状はこのエストロゲンの分泌が減ることによって現れると言われています。治療には、このエストロゲンを補充するために投薬治療が行われることが多いです。通常であれば生理の終わりごろか排卵前に良く分泌されています。一方、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵後に分泌される量が増えます。排卵状態を維持して妊娠しやすい体をつくり、妊娠してからも妊娠状態を維持するために分泌が増えるホルモンです。どちらも女性にとって欠かせないホルモンであり、月経のリズムを整えています。このバランスが崩れてしまうとイライラや不眠など体の不調につながりますので、生活習慣を整えてホルモンバランスが乱れないように注意することが大切です。

関連する記事